ハンドクリーム

ハンドクリーム

ハンドクリームのことを書いているページです。 配合成分やオススメの商品などを載せています。

どこでもアウトドア > ハンドクリーム

ハンドクリーム 保湿成分

ハンドクリームなどに配合されている尿素。
尿素は保湿成分が高いので水になじみやすく、体外へ逃げていくはずの水分が肌の中にとどまり、
乾燥を防いでくれます。尿素配合のハンドクリームは、水分の蒸発を防いでくれるだけでなく、
固くなった皮膚を柔らかくしてくれる働きがあります。お肌にはいいことずくめですね。

そんなハンドクリーム、塗るだけではなくて
お洒落として使う方増えています。
塗った後に、繊細で優雅な香りや白い花の清楚な香りとかしたらどうでしょうか?

とても優雅な感じがしませんか?柔軟剤の香りと一緒で今流行っているようです。

1日に何度も使うハンドクリームだから、ステキな香りのものが欲しい!
という女性に特に大人気。ベタつきやヌルヌル感もなく、すーっと肌になじむので、
手肌の乾燥が気になる時、良い香りを楽しみたい時、いつでも使えますよ。

乾燥だけでなく、夏場でも必要です。

手に対するストレスはたくさん存在しています。

オフィスなら、紙、インク、ダンボールなどです。これらからしっかり守るためにも

毎日のハンドケアでしれいな手をつくっていきましょう。

 

 

ハンドクリーム 配合

ハンドクリームといっても、配合されている成分は様々です。

うるおい成分のヒアルロン酸にビタミンCを配合したハンドクリームは、
粒子がより細かくなることで手肌になじみ、しっかり保湿しながらも表面をさらっと整えます。

とろけるクリームと香りで心と手肌をしっとりうるおすハンドクリームは

べたつかずのびがよくハンドマッサージや寝入るケアにも最適です。

上質なオイルが心地良い、日常使いにぴったりのハンドクリームは。
毎日使用することで、しなやかで丈夫な手肌へと導きます。

 保湿効果の高いローズ、オレンジ、ラベンダーハチミツや、

みずみずしいスターフルーツ、ピオニーの植物とシルク成分をたっぷり配合したハンドクリームもあります。

たくさんあって迷っちゃいますよね

そんな中で一押しなのが、日本食ハンドクリームです。

日本食って聞くと、お寿司?味噌汁?おにぎり?色々浮かびますが、

お米とお酒が主成分のハンドクリームです。

日本人の寿命は世界一、その源日本食を食べるだけではなく化粧品にも応用したそうです。

長崎県の諫早の薬局が開発したもので、

塗るとお肌さらさら、かといって水ですぐに落ちるわけでもなくしっかりガードし続けてくれます。

そして手も潤っている。不思議なクリームです。

利用者の声です

その1

あまり手荒れはしないのですが ここ3.4年 冬はハンドクリームを塗った方がいいかなーと思うようになりました。 でも塗った後のべたつきや 手を洗った後のぬるぬる感が嫌で あまり熱心に使用したことがありませんでした。
お米とお酒の日本食ハンドクリームというコピーに惹かれて商品説明を良く読んでみました。
これなら 匂いもなく べたつきもぬるぬるもないのではないかと、注文してみました。
一週間使ってみましたが 満足しています。手がさらさらして気持ちがいいと思いました。
値段は今まで試していたものも同じ位なので 高いとは思いません。

その2

敏感肌の私ですが、これはべたつかないし、においもない。
スーッとなじんでとっても自然です。

 

いい食べ物は、お肌にも当然いい。

日本食代表のお米のほかに、黒大豆、サクラ、温州みかん、なす、ゆずの成分も入っています。

今なら送料が無料!

まとめ買いでお得に!

色々試したけど続かなかった、今のハンドクリームに不満があるなどある方

たったの40gから始められます。

ぜひ試してください。

 

ハンドクリーム トップへ戻る